山梨県西桂町
各課について サイトマップ トップページへ
Billingual
English
korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
町の情報
観光情報
くらしの情報
防災・災害対策
事業者様向け
サイトの現在位置
トップ暮らしの情報産業振興課からお知らせ犬の登録手続きと狂犬病予防注射について
 
2022年8月31日 更新
印刷用ページを開く
犬の登録手続きと狂犬病予防注射について
犬を飼う場合には、飼い主、飼い犬のみならず地域住民を狂犬病から守るため、「狂犬病予防法」の規定により「飼い犬の登録」と毎年の「狂犬病予防注射」が飼い主に義務付けられています。
飼い犬の登録
写真は西桂町の鑑札

生後91日以上の犬の飼い主は、狂犬病予防法に基づき犬の登録を行なう責務があります。
登録すると「鑑札」を交付しますので、飼い主は犬に付けていただくことになります。
登録手数料として3,000円を持参のうえ、役場窓口で登録手続きをお願いします。
飼い犬の登録事項の変更
飼い犬が転居した場合、飼い主が代わった場合、飼い犬が死亡した場合は、役場窓口にて届出書に変更事項を記入してください。
ただし、転居に伴い飼い犬が町外へ転出、町外から転入した場合は下記の手続きをお願いします。
●町外に転出した場合
転出先の市町村窓口に西桂町の鑑札を提出し、必要な手続きをお願いします。無料にて新しい鑑札が交付されます。
●町外から転入された場合
転入前の市町村の鑑札を役場窓口に提出し、届出書に必要事項を記入してください。無料にて新しい鑑札を交付します。
●転出入にあたって飼い主が代わった場合
新しい飼い主が上記の手続きを行ってください。
狂犬病予防接種済票の交付
写真は令和4年度接種済票

狂犬病予防法に基づき、飼い主は飼い犬に狂犬病予防接種を毎年1回受けさせ、狂犬病予防接種済票を飼い犬に付ける責務があります。
狂犬病予防接種は、町が毎年4月に実施する集団接種、あるいは動物病院で個別接種を受けてください。集団接種会場で受けた場合は、その場で接種済票を交付します。動物病院で受けた場合は、注射済証明書を持参のうえ役場窓口に手続きに来てくだされば、接種済票を交付します。
いずれの場合も交付手数料として550円が必要となります。
狂犬病とは
狂犬病は、狂犬病ウィルスを保有する犬などの哺乳類の動物に、人が噛まれたり引っかかれたりして傷口からウィルスが侵入し、発病すると治療方法がないため、悲惨な神経症状を示してほぼ100%死亡する極めて危険な人獣共通の感染症です。
本病は、日本国内では1957年以降発症していませんが、世界保健機構によると現在においても、世界では毎年35,000〜50,000の人が発病死していると推定されています。
なお、狂犬病予防法に基づく責務を怠ると、20万円以下の罰金が科せられる場合があります。
厚生労働省HP(狂犬病について)
ダウンロードファイルはこちら
(inusibou.rtf: 50k)
飼い犬が亡くなった時
(inuhenkou.rtf: 53k)
犬の転居、犬の改名、飼い主交代など登録内容に変更が生じた時
(inutouroku.doc: 33k)
町内で犬を飼う時
本文終わり
ページのトップへ
産業振興課
〒403-0022 山梨県南都留郡西桂町小沼1501-1
Tel: 0555-25-2121  Fax: 0555-20-2015
E-Mail: こちらから